顔料プリントタオル・メインビジュアル

顔料タオル商品一覧

顔料プリントタオル加工方法
水にも油にも溶けないピグメント(顔料インク)に接着剤の役目をもつ合成樹脂液(バインダー) を混ぜて、タオルの表面にプリントしたものをいいます。
シルクスクリーンを張った型にインクを流し、 タオル表面に捺染した後、高温で過熱処理(ベーキング)をすると樹脂が固まり、顔料とともに繊維に固着して、洗濯しても落ちにくくなります。
顔料プリントの長所は細かい線が比較的表現しやすいことと 後処理がないので、価格が安価に納めるのはオススメです。
短所は表面がインクが載っているため、数回洗濯するまで固くなってしまうことを ご了解の上、デザインを描いていただければと思います。
注意点は、黒や濃い色系はどうしても色落ちを防ぐため、さらに固く感じることを ご理解いただくことと、カラータオルに白のインクはプリント出来ないことを 了解いただきたく思います。
インクの特性を活かして皆さんの作品を綺麗に仕上げていきますが、 どうしても作品に不向きな場合があります。
デザインを観てから、タオルソムリエがしっかりとアドバイスいたしますので、 まずは、デザインを見せていただくことをお願いいたしますね。
ベタプリント(全ベタやオーバープリント方法とも言います)も弊社では 1枚づつのタオル生地に対してピース捺染を行う工場と連携しております。
ベタプリントは基本的にはシャーリング生地に対してのみ受け付けていますので 生地のサイズや匁(目方)も定まった企画生地での対応となります。